JMS News

JMSモータースポーツナイトを開催しました

2019年1月9日、毎年恒例となっている日本モータースポーツ記者会(JMS)主催の「第17回JMSモータースポーツナイト」が、東京都港区の国際文化会館において、約100名のモータースポーツ関係者を集め盛況に開催されました。
JMSを代表して高橋二朗会長が年頭の挨拶を行った後、来賓代表として株式会社トムスの谷本勲代表取締役社長から挨拶をいただき、昨年のSUPER GTでドライバーズタイトルとチームタイトルのダブルタイトル獲得したチームクニミツの高橋国光総監督による乾杯のご発声で会はスタートしました。
恒例となっているJMSが注目する若手ドライバーを紹介する「What’s New」では、三宅淳詞、小山美姫の2選手が登壇。続いて、2018年のNASCARトラックシリーズでタイトルを獲得した ハットリ・レーシング・エンタープライズの服部茂章代表に初栄冠の喜びを語っていただきました。
会の締めくくりには、JMSアワードの授与式を行いました。2018年のJMSアワードはスーパーフォーミュラとSUPER GTの2冠に輝いた山本尚貴選手が、特別賞はル・マン24時間を初制覇し、世界ラリー選手権でマニュファラクチャラーズタイトルを獲得したTOYOTA GAZOO Racingが受賞しました。山本選手は、昨年のF1グランプリ最終戦アブダビGPを視察するなど、新たなチャレンジにも意欲を見せていました。

PAGE TOP